イベント『響-HIBIKI-』vol.23、出演者の発表です٩(ˊᗜˋ*)و

お待たせしいたしました、次回イベント『響-HIBIKI-』vol.23の
出演者について発表させていただきます!イベント響(24.07.27).png
日時:2024年7月27日(土)
   1st:Open 12:30 / Start 13:30
   2st:Open 15:00 / Start 16:00
 ※ステージは入替、予約制となっております、ご了承ください。
場所:音響珈琲 長楽庵(大阪メトロ中央線阿波座駅2号出口より徒歩3分)
Mチャージ:¥2,500(1ソフトドリンク込み)
出演者:宮哲之(ts),橋本有津子(org),橋本裕(g)
お問合せ・ご予約:電話 / 080-7009-8739
         Email / chorakusin@yahoo.co.jp

イベント『響-HIBIKI-』の記念すべき第1回目にご出演いただいた
オルガニストの橋本有津子さん、ギタリストの橋本裕さん、
そしてこのイベントには初出演となるサックスプレイヤーの宮哲之さんという
豪華なtrioの演奏をお届けできることになりました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

橋本有津子(org)
大阪府生まれ。4才よりピアノ、オルガンを始める。
20才でジャズピアニストとしてプロ入り。
1992年に「なにわ芸術祭、大阪JAZZ FESTIVAL」に自己のカルテットで出演。
1999年10月サンフランシスコ「PEARLS」にてギタリストのブルース・ファーマン達と共演。
2000年月にBr.Jack Mcduff(org)と共演、月、Dr.Lonnie Smith(org)、Randy Johnston(g)、田井中福司(ds)と大阪ブルーノートにて共演。
2002年月、SAN JOSE JAZZ FESTIVAL出演。
2003年3月CD「FULL ORGAN」発売。同年6月、第40回なにわ芸術祭第11回中山正治ジャズ大賞、新進音楽家新人賞、大阪府知事賞、大阪市長賞を受賞。
2005年9月に、CD「SONGS WE LOVE」をThousand Days Recordsより発売。
2006年8月に、ドラムスのJeff Hamilton(ds)の招聘により、Houston Person(ts)等と、CD「IntroducingAtsuko Hashimoto」AZICA RECORDSからリリース。
現在も、関西のみならず海外フェスティバルへの出演など精力的に演奏活動を続けている。

橋本裕(g)
14才でギターを始め、高校生の頃よりライブ活動を行う。
井上 智氏に師事、奏法、理論等を学ぶ。
現在、橋本 有津子トリオ、自己のデュオやトリオで
関西を中心にライブ活動を行う。
2000年9月、Dr.Lonnie Smith(org)等と共に大阪ブルーノートに出演
2001年4月、Bill Heid(org)、Scott EDog Petersen(sax)等とジャパンツアー。
2001年8月から、Jimmie Smith(ds)と共演。
2002年8月、カリフォルニア州でツアーを行う。
Los Angeles「Baked Potato」~
Santa Cluz「 Kuumbwa Jazz Center」~
San Jose「San Jose Jazz Festival」
参加CDには「Jazz Organ Tribute」
「THAT'S THE STYLE!」
「FULL ORGAN」がある。

宮哲之(ts)
1987年、宮本直介氏のプロデュースにより、Dizzy Gillespie(tp)、Mike Longo(p)、Paul West(b)、日野元彦(ds)と共演。
1989年、西山満(b)グループで、Mickey Roker(ds)と共演。
1996年、中山正治ジャズ大賞を受賞。
2003年9月、初リーダーアルバムCD「People He Loves Madly」を谷口知己プロデュースによりNewburry Street Musicレーベルよりリリース。
2005年6月、2ndCD「The Path I Passed」をリリース。
現在、アロージャズオーケストラのほか、西山満(b)グループ、自己のグループで活動中。

長楽庵という響き豊かな空間での素晴らしい演奏を体感しに
是非いらしてください!ヽ( ´꒳`*)人(*´꒳` )ノ🎶

#イベント響 #音響珈琲 #長楽庵 #橋本有津子 #橋本裕 #宮哲之 #Photographerkana

この記事へのコメント